文脈を読むには<英文読解のコツ編>

文脈とは

文脈とは、広辞苑(第七版)によると、

文中での語の意味の続きぐあい。文章の中での文と文との続きぐあい。

をいいます。一文の中での単語と単語の意味の続きぐあいであったり、前後の文の続きぐあいを「文脈」といいます。

例えば、うちなーぐちで、

ハイタイ

という単語があります。女性が挨拶をする際に用います。「おはようございます」や「こんにちは」という意味です。
知り合いの女性が、あなたに向かって「ハイタイ」と言ったとします。
うちなーぐちを知らない場合、「歯痛い」と認識するのではないでしょうか?
しかし、会ってすぐにいきなり「歯痛い」と言われる状況はあまりないでしょう。聞いた皆さんとしては「?」となると思います。
「ハイタイ」が「歯痛い」ということであれば、その女性は、その後に、「だから、歯医者に行ってきた。」というような発言をするでしょう。

ハイタイ。だから、歯医者に行ってきた。

この発言を聞いて初めて、やっぱり、「歯痛い」だったんだな、と理解することができるわけです。
「はいたい」という耳から聞いた語と、「だから、歯医者…」という発言から「はいたい」が「歯痛い」と理解されます。
うちなーぐちの「ハイタイ」と「だから、歯医者…」という発言は、語の意味の続きぐあいも、文と文との続きぐあいもバラバラです。

こんにちは。だから、歯医者に行った。

では全く意味不明ですから。

逆に

では、

「はいたい」。良い天気ですね。
そういえば、一昨日から、「はいたい」から、さっき歯医者に行ってきたんだよね。

だとどうなるでしょうか?
「はいたい」が二度出てきます。最初の「はいたい」と二番目の「はいたい」は同じ意味なのでしょうか…
ここでは、「はいたい」という単語にどういったものがあるのか、という単語力の問題となります。
うちなーぐちでの「はいたい」の意味を知っているかどうかです。最近では、なかなか「ハイタイ」といううちなーぐちは使用されてないので、馴染みのないウチナーンチュも多いと思います(私も日常生活では全く聞きません)。
文脈が大事とはいえ、「ハイタイ」といううちなーぐちを知らないと、上の文は意味がわからなくなると思います。
この例からわかることは、文脈を読むためには、必ず知っておかなければならない語がある、ということです。

英語の読解にも文脈は必須ですが…

上の話は日本語ですが、英語でも事情は全く同じです。
文脈がわからないと正確な理解が困難になります。
ですが、文脈がわかるようになるためには、知っておかなければならない語というものがあります。
そこから、多くの英語学習者は、単語の暗記に走っていくのですが、少しお待ちください。闇雲に単語を覚えることは効率が悪すぎます。

再度、文脈とは?

ここで、再度、「文脈」という語を広辞苑で見てみましょう。そこには、

比喩的に、筋道・背景などの意にも使う。

とあります。文脈は筋道のことでもあります。英語の文にも筋道があります。それは、「主語」と「動詞」です。5文型(SV, SVC, SVO, SVOO, SVOC)がありますが、その5つに共通するのは、SとV、つまり、主語と動詞です。
ということは、英語を読む際に気をつけるのは、主語と動詞の位置にくる単語の意味ということになります。
そして、主語の位置にくる単語の品詞は、名詞ですから、英語では、名詞と動詞を最優先で覚えていくことが必要です(その他の品詞が不要というわけでは当然ありません。あくまでも優先順位の話です)。
名詞と動詞の単語を覚えれば、英文の中から主語と動詞を見つけやすくなりますから、その文のあらすじは理解することができます。その理解が文脈の理解につながっていきます。
ちなみに、目的語(O)の位置にくる単語の品詞も名詞ですから、英語では名詞と動詞の意味と使用法を理解すれば、SV, SVO, SVOOの文型を理解しやすくなります。
さらに言えば、上記5文型は、動詞の項構造に従った分類ですので、動詞を覚える際は、その項構造を丸ごと覚えて使えるようにならないと動詞を覚えたとは言えません(多くの辞書には、動詞の場合、自動詞、他動詞の区別や、他動詞の場合、動詞の後ろに目的語を1個取るのか、2個取るのかなどの記載がありますので、そこまで目を通す必要があります。そこまでして初めてその動詞を理解したということになります)。

付け焼き刃では理解できません

日本語脳になっている多くの日本人にとっての英語学習とは、パソコンで例えると、既存OSに加えて、別OSをインストールするようなものです。仕組みが全くと言っていいほど違いますから、英語の仕組み・構造(昔で言うところの5文型)を理解しながら必要な単語をその構造(文型)に位置づけながら覚えていくことが正しい英語の学習法です。
ローマは1日にしてならず。
です。

---終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です