「水」は絶対に数えられない?<英文法編1>可算・不可算名詞

英語で「水」は?

英語で「水」は、[water]です。
学校では、[water]は数えられない名詞(不可算名詞)だ、と習うと思います。
では、[water]は数えられる名詞(可算名詞)として用いることはないのでしょうか?

可算・不可算名詞とは?

ここで、可算名詞とは、正確には、

「数えられるものとしての扱いを受けるものを表す名詞」(安井稔「英文法総覧 改訂版」(開拓社、1996年)62頁)(赤字は真栄里)

のことをいいます。
逆に、不可算名詞とは、正確には、

数えられないものとしての扱いを受ける名詞

のことをいいます。
ここで注意してもらいたいのは、赤字の文字「扱いを受ける」です。
人間の外にある世界(外界)に数えられるのか数えられないのかという実体があるわけではないことを意味しています。
あくまでも、数えられるのか、数えられないのかの判断基準は、人間が外界(対象物)を数えられると扱うのか、数えられないと扱うのかという人間の認識にあるのです。
外界(対象物)をどう認識しているのかという人間の認識枠組みに基づき、可算名詞か不可算名詞かが区別されているのです。

燃えるゴミ?燃やすゴミ?

たとえて言うなら、

えるゴミ
やすゴミ

の違いと同じです。

ゴミ自体の性質として燃えるのかどうかを基準にしているのが「燃えるゴミ」です。人間の認識は関係ありません。紙がその典型です(紙は燃えないと認識している人がいたとしても、紙は容易に燃える性質を有していますので「燃えるゴミ」になります)。

ゴミ自体の性質として燃えるのかどうかではなく、燃やすと分類するかどうかを基準にしているのが「燃やすゴミ」です。プラスティックは「燃えるゴミ」には該当しないこともあるかと思いますが、「燃やすゴミ」には含まれることが多いと思います。
可算名詞・不可算名詞の区別基準もこれと同じことです。

数えられる「水」

[water]も可算名詞として扱われることがあります。
たとえば、

Japanese waters(日本の領海)
American waters(アメリカの領海)

などが可算名詞としての[waters]です。
宇宙から地球を見た場合、海はすべて繋がっていて区別はつきません。
しかし、人間の決まり事として陸上には国境があり、海には領海というものがあります。
実際の海を見ても、ここからここまでが日本の領海で、そこからそこまでがアメリカの領海だ、ということはわかりませんが、人間の認識としては、領海というはっきりとした区別があるのです。
日本固有の領海、アメリカ固有の領海、というように人間の認識においては他の領海とはっきり区別され、個性を有しているので、「水」であっても可算名詞となっているのです(正確には海域を意味するwatersの”s“は、「水域を示す強意複数」ですが、複数形であるということは単数形があること、つまり単複の区別を前提としますから強意複数には可算名詞扱いの発想があります)。
人間が個性を認めている場合は可算名詞と扱われる、と考えておくとわかりやすいと思います。

難関大学合格を目指す受験生へ

名詞には可算名詞、不可算名詞があるということは中学1年で習う文法事項ですが、もうマスターしたよ、と簡単に扱ってはいけません。
基本をしっかりと身につけておかないと受験直前になって慌てふためくことになりかねません。
可算名詞、不可算名詞の判断基準が人間の認識にあって外界にはないことをしっかりとこの機会に理解して今後の勉強に役立てていただければと思います。

---終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です