多義的意味を直読で直解するコツ―[ Make A B ]での説明―<The Last Leaf 編>17(補論)

例文

This way people have of lining-up on the side of the undertaker makes the entire pharmacopoeia look silly.

 今回は、【Have of 動名詞?<The Last Leaf 編>17】で扱いました英文の補論です。

[ Make A B ]

 一般に使役動詞と呼ばれる構文です。
 たとえば、次の文を検討してみます。

She made an apple pie.

 ”彼女は、アップルパイを作った”という意味です。
 これに対して、使役動詞としての[ make ~ ]は、「(無理やり)~させる」という意味として理解されています。
 つまり、[ make ]には、”作る”という意味と”(無理やり)~させる”という別の意味があると一般には理解されています。
 ところが、それでは、[ make ]の意味を覚えることが大変です。英単語は[ make ]だけではありませんから、可能な限り多義的な意味を覚えるのは避けたいですね。
 もちろん、英語ネイティブは、[ make ]にこの2つの意味があるとは認識していません。
 それでは、英語ネイティブは[ make ]をどう理解しているのでしょうか?

[ make ]の原義

 [ make ]の原義は、材料に手を加えて何か(具体物)を作る、という点にあります(E-Gate)。

She made an apple pie.

でしたら、彼女は、アップルパイの原材料である、リンゴ・小麦粉・バター・砂糖などに手を加えて(混ぜる、こねる、焼く)、アップルパイという具体的な物(具体物)を作るわけです。
 [ make ]が持つ、この原義が使役動詞として機能する[ make ]にも投影されているのです。

[ make ]の比喩的拡張

 [ make ]の原義は、材料に手を加えて具体物を作る、という点にあります。
 その具体物が抽象化されて、人が何かをする状況に[ make ]の適用場面が拡張される(比喩的拡張)ことで、使役動詞として機能する[ make ]が誕生するわけです。
 たとえば、

I made him go.

という例文でそのことを見てみましょう。

I made ~

で、”私は~を作った”となります。
 何を作ったのか?というと、

him go

という状況です。
 つまり、

”私は、彼が行くという状況を、作った”

のです。

私が、彼に手を加えて、彼が行くという状況を作った

ということが、

”私が彼を無理やり行かせた”

という使役の意味になるわけです。

 具体物を作るという[ make ]の原義が、状況に拡張して適用される(比喩的拡張)ことで、使役動詞としての[ make ]が生まれます。
 ですから、英語ネイティブからすると、[ make ]が使役動詞として機能する場合であっても、”作る”という[ make ]の意味に変更はないわけです。

[ make □□]なのか?

 使役動詞として機能する[ make ]は、[ make ]の直後にスロットが2つあるとイメージされているのが一般的です。[ make A B ]と表記されているのがその証拠です。
 しかし、[ make □□ ]とスロットが2つあるとイメージするよりも、[ make ▭ ]と1つのスロットがあるというイメージを持つ方が理解しやすいと思います。

I made him go.

ではなくて、

I made him go.

とイメージする方が、[ make ]の原義を保持しつつ使役動詞として機能する[ make ]の意味を理解しやすいと思います。

I made him go

和訳

This way people have of lining-up on the side of the undertaker makes the entire pharmacopoeia look silly.

の和訳は、

葬儀屋の側に並ぶという人々のやり方は、作る、すべての薬がばかばかしいものに見える状況を。

ということになります。
 つまり、

葬儀屋の側に並ぶという人々のやり方は、すべての薬がばかばかしいものに見える状況を作る。

葬儀屋の側に並ぶという人々のやり方は、全ての薬の効能を失わせる。

という意味になるわけです。

---<The Last Leaf 編>17(補論)・終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です