同格の接続詞[ that ]<The Last Leaf 編>18

例文

Your little lady has made up her mind that she’s not going to get well.

 引き続きまして、『THE LAST LEAF』です。

単語の意味

make up one’s mind=決心する。

構造

Your little lady has made up her mind that she’s not going to get well.

がこの文の『構造』です。
 『構造』は容易に発見することができますね。

Your little lady(=S) has made up(=V) ~

です。

her mind that ~

 この[ that ]は、関係代名詞の[ that ]ではありません。
 ”彼女の決心(her mind)”という名詞と同格になる節を導く接続詞としての[ that ]です。
 何故、同格の接続詞[ that ]だと分かるのでしょうか?
 それは、[ that ]以降が完全な文だからです。
 [ that ]以降の[ she’s not going to get well. ]には欠けている要素がありません。
 たとえば、

The dictionary that is on the desk is mine.(E-Gateより)

という例文だと、[ that ]の後の[ is on the desk ]は文ではありません。主語がありませんから。
 この例文の[ that ]は、[ The dictionary ]を先行詞とする関係代名詞なのです。
 ということで、[ ~ her mind that she’s not going to get well. ]にいう[ that ]は直前の[ mind ]と同格になる節を導く接続詞と理解するわけです。

 もっとも、そんなに小難しく考えなくとも、[ that ]は[ that ]です。”その”とか”それ”という意味で十分に直解することができます。

和訳

 ということで、和訳です。
 まずは、直訳調です。

あなたの小さなレディは決心した、それは、彼女が回復するつもりがないということだ。

 自然な日本語にすると、

ジョンジーは回復するつもりがないという決心をしている。

彼女の決心=回復するつもりがないということ

です。

---<The Last Leaf 編>18・終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です