自動詞移動構文<The Last Leaf 編>26

例文

Then she swaggered into Johnsy’s room with her drawing board, whistling ragtime.

 引き続き『THE LAST LEAF』です。

単語の意味

swagger=肩で風を切って歩く。元気よく歩く(自動)
drawing board=画板(名)
whistle=~を口笛で吹く(他動)
ragtime=ジャズ(名)

 [ whistle ]には、

”口笛を吹く”という自動詞の意味と、
”~を口笛で吹く”という他動詞の意味があります。

 ここでは、[ whistle ]は他動詞です。なぜなら、[ whistle ]の直後に[ ragtime ]が直接おかれているからです。
 [ whistle ragtime ]は、”ジャズを口笛で吹く”という意味になります。

構造

Then she swaggered into Johnsy’s room with her drawing board, whistling ragtime.

 『構造』は容易に分かったと思います。

[ ~, whistling ragtime. ]現在分詞

 これは、現在分詞です。
 ”ジャズを口笛で吹きながら”という意味です。
 ”~しながら”という現在分詞は、同時並行で複数の行為をしていることを表す表現ですから、この”ジャズを口笛で吹きながら”というのは、この文のもう一つの行為である、[ swagger ]を修飾していることになります。

THE LAST LEAF 26

 修飾される語([ swaggered ])が離れた場所にあるので注意が必要です。

[~ she swaggered into Johnsy’s room ~ ]

 [ swagger ]は”肩で風を切って歩く”という自動詞です。
 この文を直訳すると、

彼女(Sue)は、肩で風を切って歩いた、ジョンジーの部屋の中へ

となります。
 自然な日本語にすると、

スーは、ジョンジーの部屋の中へ、肩で風を切って歩いて入っていった

となります。

 しかし、[ swagger ]は、(肩で風を切って)歩くという動作を表す単語で、この単語自体には、歩いて入っていったという移動の意味はありません。
 ところが、[ swagger ]と[ into ]という前置詞が連語となることで、”(肩で風を切って)歩いて~の中へ入っていった”という意味になります。
 これも、前回紹介をした構文文法論にいう「自動詞移動構文」([著]A E. ゴールドバーグ[訳]川上誓作/早瀬尚子/谷口一美/堀田優子『構文文法論 英語構文への認知的アプローチ』(研究社・2001年)215頁)と考えると分かりやすいと思います。
 この「自動詞移動構文」は、

語彙的には移動を表さない動詞に、移動の解釈を付け加えるもの([著]A E. ゴールドバーグ[訳]川上誓作/早瀬尚子/谷口一美/堀田優子『構文文法論 英語構文への認知的アプローチ』(研究社・2001年)215頁)

ですから、

swaggerinto Johnsy’s room

[swagger] + [into+場所]

で、場所の中へ歩いて入っていく、という意味になります。

和訳

 直訳調だと、

それから、彼女(スー)は、肩で風を切って歩いた、ジョンジーの部屋の中へ、画板を持って、ジャズの口笛を吹きながら。

 自然な日本語にすると、

それから、彼女(スー)は、画板を持ち、ジャズの口笛を吹きながら、元気よくジョンジーの部屋の中へ入っていった。

となります。

---<The Last Leaf 編>26・終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です