as ~ as ~<The Last Leaf 編>43

例文

Why, that’s almost as good a chance as we have in New York when we ride on the street cars or walk past a new building.

 引き続き、『THE LAST LEAF』です。

単語の意味

street car=路面電車(名)

構造

Why, that‘s almost as good a chance as we have in New York when we ride on the street cars or walk past a new building.

がこの文の『構造』です。

that is ~

という単純な『構造』です。

[ as A as B ]

 有名な[ as A as B ]イディオムです。

“Bと同じくらいA”

という訳が当てられています。
 このイディオムは、文法的に説明するとかなり難しい部類に入るだろうと思います。
 ちなみに、[ Oxford English Dictionary ] (OED)の[ as ]の語源(Etymology)の項目では、次のような説明があります。

During the course of the Middle English perios, the word underwent progressive reduction, apparently first in the relative use and subsequently also as an antecedent adverb. Consequently, as is now the only form used in the relative function and shares with so adv. and conj. that of antecedent(i.e ‘as good as this’, …).

 要するに、[ as ]は、「先行詞の副詞」(an antecedent adverb)としても用いられ、「先行詞の副詞と接続詞」(adv. and conj. that of antecedent)を共有する(=関係副詞)、ということです。
 [ as ]は、先行詞の副詞と関係副詞として機能することがあるわけです。
 簡単な例文を挙げてみます。

She is as heavy as her sister.
(Collins)

です。
 この文は、初めの[ as ]が先行詞[ heavy ]を修飾する副詞(指示副詞)で、後の[ as ]が先行詞[ heavy ]の関係副詞ということになります。
 文法的には以上のような説明になるのですが、その説明だと頭が痛くなります。

直読直解

 そこで、このサイトでは、[ as ]の原義から直読直解する方法を提示したと思います。
 [ as ]の原義は、

”同じように(等価)”

です。
 ですから、

”彼女は、同じように重い、(どれくらい重いかというと)彼女の妹と同じくらい。”

という意味になります。
 要するに、彼女は妹と同じくらい重い。という意味になります。

和訳

 直訳調だと、

それは、ほとんど同じように確実なチャンス、同じように、我々がニューヨークにいる際に持つ、路面電車や新しいビルを歩く時。

 自然な日本語だと、

ニューヨークで路面電車に乗ったり、新しいビルを通り過ぎるときに遭遇するチャンスとほぼ同じ確率だよ。

---<The Last Leaf 編>43・終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です