誰の発話なのでしょうか?<The Last Leaf 編>45

例文

“You needn’t get any more wine,” said Johnsy, keeping her eyes fixed out the window. “There goes another. No, I don’t want any broth. That leaves just four. I want to see the last one fall before it gets dark. Then I’ll go, too.”

 引き続き『THE LAST LEAF』です。
 今回は、6文をまとめて検討します。

単語の意味

fix (fɪks)=固定する
broth (brɔθ)=うすいスープ

構造

 第1文

You needn’t get any more wine,” said Johnsy, keeping her eyes fixed out the window.

 第2文

There goes another.

 第3文

No, I don’t want any broth.

 第4文

That leaves just four.

 第5文

I want to see the last one fall before it gets dark.

 第6文

Then I‘ll go, too.”

となります。
 なお、今回から、助動詞や否定語は『構造』から省きました。

誰の発話なのでしょうか?

 前回取り上げた文では、スージー(元気な方)がジョンジー(病気の方)に、スープを飲むように等々言っていました。
 それに対して、ジョンジーの第一声は、今回取り上げた初めの[ ” ” ]の中にあります。

“You needn’t get any more wine.”
(”それ以上ワインは要らないでしょ。”)

というのがジョンジーの返答でした。
 この文の直後には、ジョンジーが上記発言をした際のジョンジーの様子が書かれています(後に検討します。)。

 そして、また、[ ” ” ]があります。ここには、5文が入っています。
 つまり、この5文が入っている[ ” ” ]が一つの発話となっています。

”また別のが落ちた。いいえ、もうスープは要らないわ。葉っぱはちょうど4枚。暗くなる前に最後の一枚が落ちるのを見たい。そうしたら、私もまた行く(落ちる=死ぬ)だろう。”

 スープを飲むように、というスージーの発言に対して、ジョンジーは即答していません。会話ではよくあることですね。
 この文で、[ ” ” ]を見落とすと、誰が何を言っているのか、どういう論理関係なのかが不明となりがちなので要注意だと思います。

現在分詞と過去分詞

 [ keeping her eyes fixed out the window. ]
 [ keeping her eyes ]で、”視線を維持しながら”という意味になります。
 [ fixed ~ ]は、[ her eyes ]を修飾する過去分詞です。

~ her eyes fixed ~
(固定された彼女の視線)

 要するに、

keeping her eyes fixed out the window.
(窓の外に固定された彼女の視線を維持しながら)

となります(直訳)。

和訳

 直訳調の和訳は既に本文中でなされているので、ここでは、可能な限り自然な日本語を載せておきたいと思います。

「それ以上のワインは要らないでしょ。」
ジョンジーは、視線をじっと窓の外に向けたまま言った。
「他の葉も落ちた。
いいえ、もうスープは要らない。
これで葉はちょうど4枚。
暗くなる前に最後の一枚が落ちるのを見たいわ。
そうしたら、私はきっと死ぬだろう。」

---<The Last Leaf 編>45・終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です