『仕組み』から『構造』を掴む<The Last Leaf編>46

例文

“Johnsy, dear,” said Sue, bending over her, “will you promise me to keep your eyes closed, and not look out the window until I am done working? I must hand those drawings in by to-morrow. I need the light, or I would draw the shade down.”

 引き続き『The Last Leaf』です。
 1パラグラフをまとめて検討します。

単語の意味

bend(bɛnd)=かがむ

仕組み

第1文

 最初の1文の仕組みはややこしいと思います。
 この仕組みが分からないことには、この文の『構造』も分からないため、まず仕組みを解明しておこうと思います。

the_last_leaf_46

bending over her
(彼女の上にかがみながら)

は、スーが”ねぇ、ジョンジー”と言った際のスーの体勢を描写した表現です。現在分詞の[bending]を用いています。
 難しいのは、次の[and]でつながれた文です。どう並列関係になっているのでしょうか?
 [and]で省略された語を上図で補っておきました。

目を閉じたままにしておく約束

窓の外を見ない約束

が[and]で並列関係に立っています。

構造

 仕組みが分かれば『構造』も分かります。

第1文

“Johnsy, dear,” said Sue, bending over her, “will you promise me to keep your eyes closed, and not look out the window until I am done working?

となります。

第2文

I must hand those drawings in by to-morrow.

となります。

第3文

I need the light, or I would draw the shade down.”

となります。
 ただ、ここで注意が必要なのは、[need]の意味です。
 これは、助動詞ではなく、他動詞の[need]です。なぜなら、[need]の後に動詞ではなく名詞[the light]が来ているからです。

[to-morrow]とは何?

to-morrow

は、[tomorrow]のことです。
 OEDには、

Regularly written as two words till 1500 and usually so till c1750.

と書かれてあります。
 つまり、

1500年までは、定期的に[to-morrow]と2語として表記されており、1750年までは通常2語として表記されていた

ということです。
 これは、[tomorrow]の原義が、

朝(morrow)に(to)→翌朝→翌日(Genius 5th

にあるからです。
 [tomorrow]という簡単な単語ですが、原義・語源などもみると、面白いと思います。

和訳

 直訳調では、

ねぇ、ジョンジー、ジョンジーの上にかがみながら、スーは言った、私と約束してくれる?、目を閉じたままにすることを、そして、窓の外を見ないことを、私が仕事を終えるまで。私は渡さなければならない、それらの絵を、明日までに。私は明かりが必要だ、そうでなければ、日よけを下ろそうと思う。

 自然な日本語では、

スーはジョンジーの上にかがみながら、”ねぇ、ジョンジー”、と次のように言った。
私の仕事が終わるまで、目を閉じて、窓の外を見ないと約束してくれる?
私、明日までに絵を渡さないといけないの。
明かりが必要なの、そうでなければ日よけを下ろしたいのだけれど。

---<The Last Leaf編>46・終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です