臨場感あふれる文<The Last Leaf編>59

例文

A persistent, cold rain was falling, mingled with snow. Behrman, in his old blue shirt, took his seat as the hermit miner on an upturned kettle for a rock.

 引き続き『The Last Leaf』です。今回は、2文です。

単語の意味

persistent(pərˈsɪstənt)=絶え間ない
mingle(ˈmɪŋgəl)=混ぜる
hermit(ˈhɜrmət)=世捨て人
miner(ˈmaɪnər)=鉱山労働者
upturn(əpˈtɜrn)=ひっくり返された

構造

A persistent, cold rain was falling, mingled with snow.
Behrman, in his old blue shirt, took his seat as the hermit miner on an upturned kettle for a rock.

 『構造』は、上のようになっています。

仕組み

the-last-leaf59

 主語である[rain]が3つの語句で修飾されています。

1 [ A persistent rain ]=途切れない雨
2 [ cold rain ]=冷たい雨
3 [ rain ~ mingled with snow ]=雪交じりの雨

となります。

過去分詞

 [ mingled with snow ]は、過去分詞として、[ rain ]を修飾しています。
 ただ、[ rain ][ mingled with snow ]の間に、[ was falling ]があります。
 修飾される語[ rain ]と修飾する語句[ mingled with snow ]は通常接しています。
 ですから、上記文も、

A persistent, cold rain mingled with snow was falling.

となりそうですが、オーヘンリーは、そういう順序にしていません。

情報構造

 英語の情報構造は、基本的に、主題部分は旧情報で、述部(主題について述べる部分)は新情報を示すことが多いものとなっています(文末焦点の原則)。
 この情報構造からすると、

絶え間ない冷たい雨が降っていた、雪交じり(の雨)だったんだ。

という意味になります。このように書かれると、「え~、寒そう…」という感想がすぐに出てきそうです。

A persistent, cold rain mingled with snow was falling.
(絶え間ない冷たい雪交じりの雨が降り続いていた。)

とは文の臨場感が違うと思います。

和訳

 直訳調だと、

絶え間ない冷たい雨が降っていた、雪交じりだった。
ベルマンは、古い青シャツにくるまれているのだが、座った、世捨て人の鉱山労働者として、ひっくり返したヤカンの上に、岩の代わりに。

 もう少し自然な日本語だと、

絶え間ない冷たい雨が降っていた、雪交じり(の雨)だったんだ。
ベルマン(使い古した青シャツを着けているのだが)は、ひっくり返したヤカンを岩代わりにして、世捨て人の炭鉱夫のように(ヤカンに)座った。

今回のポイント

1 情報構造に注意!
  ⇒文末焦点の原則

---<The Last Leaf編>59・終---

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
応援のクリックをよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ

お手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です