[ and ]と【構造】<The Last Leaf 編>8

例文

They had met at the table d’hôte of an Eighth Street “Delmonico’s,” and found their tastes in art, chicory salad and bishop sleeves so congenial that the joint studio resulted.

 「The Last Leaf」の続きです。

単語の意味

table d’hôte=共同食卓
chicory=チコリの葉
bishop sleeves=広い幅の袖
congenial=趣味の同じ
result=生じる

構造

They had met at the table d’hôte of an Eighth Street “Delmonico’s,” and found their tastes in art, chicory salad and bishop sleeves so congenial that the joint studio resulted.

 この文は、[ “Delmonico’s,” ]の直後にある[ and ]の前後で、2つの文があります。

They had met at the table d’hôte of an Eighth Street “Delmonico’s,”
and
(they had) found their tastes in art, chicory salad and bishop sleeves so congenial that the joint studio resulted.

 [ found ]の前には、[ They had ]が省略されています。
 それは、[ found ]の前に、[ and ]があることで分かります。
 [ and ]はその後にも出てきています。[ their tastes in art, chicory salad and bishop sleeves ]の[ and ]です。
 1番目の[ and ]と2番目の[ and ]では役割が異なりますので要注意です。
 1番目の[ and ]は『構造』を見極めるために必須の[ and ]です
 これに対して、2番目の[ and ]は[art]と[chicory salad]と[bishop sleeves]を等位でつなぐ[ and ]です。

和訳

彼らは会っていた、第8ストリート“デルモニコ”の共同食卓で、そして、(彼らは)見つけた、彼らの好みを、芸術やチコリサラダや幅広の袖に、たいそう趣味が同じだったので共同スタジオが生じた。

 直訳でいくと上のようになります。
 自然な日本語にすると、

彼らは第8ストリートにある“デルモニコ”の共同食卓で会っていた、そして、彼らは芸術やチコリサラダや幅広の袖に関して趣味が同じであることを発見したので共同スタジオを設けた。

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です