2つの”Be動詞”【東大英語を題材に英文の構造を把握する】(2012年度-7)

例文

Social network ties which were broken in previous generations are everywhere becoming reconnected.

引き続きまして、2012年東大英語の要旨要約の検討です。

単語の意味

previous=以前の(形)
reconnect=再びつなぐ(他動)

構造

Social network ties which were broken in previous generations(=S) + are ~ becoming(=V)

という『構造』になっています。
 主部の[ S ]が長いことに気づくのがこの英文を理解するポイントです。

 さらに言いますと、[ Social network ties ]が主語です。
 [ which were broken ~ ]は、[ Social network ties ]を説明している部分なのです。いわゆる”関係代名詞”です。
 ”社会的ネットワークの結びつき、どれかというと、前世代で壊れてしまった”という意味になります。
 1つの文に、[ were ]と[ are ]という2つの”Be動詞”が出てきているので、どれがこの英文の『構造』となる動詞なのだろうか?と意識することが必要になります。

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です