自動詞か?他動詞か?【東大英語を題材に英文の構造を把握する】(15)

例文

For example, earthquake-resistant buildings might bend up to a point, but if the shaking continued or intensified, specific structural elements could break first to contain the damage.
 引き続き2013年東大入試問題を検討します。

単語の意味

bend=曲げる(他動)、曲がる(自動)
up to a point=ある程度まで(は)
intensified=強める(他動)、強くなる(自動)
specific=特定の
contain=内に含む

全体の仕組み

 まずは、全体の仕組みを示します。
 [but]の前後で2つの文が置かれています。

 [earthquake-resistant buildings might bend up to a point,](=1文目)
 [but]
 [if the ~damage.](=2文目)

 このような仕組みになっています。

構造

 1文目の『構造』は次のようになっています。

earthquake-resistant buildings(=S) + might bend(=V)

 というのが、1文目の『構造』です。
 [bend]が”曲がる”という自動詞であることがポイントです。[bend]が自動詞であることは、この単語の後に目的語がないことから分かります。
 [up to a point]が”ある程度まで(は)”という意味を持つことを知らないとこの英文の『構造』を理解することが困難となりますので、要注意です

 2文目の『構造』は次のようになっています。

specific structural elements(=S) + could break(=V)

 というのが、2文目の『構造』です。
 [if the shaking continued or intensified](=もし、揺れが続いたり、強まったりした場合は、)は従属節です。

specific structural elements could break first to contain the damage.

 [to contain the damage.]は直訳すると、”その損害を内に含むために”という意味になります。
 ”損害を吸収するために”というのが素直な日本語でしょうか。
 ここでの[could]は”遠回しの推量”です。
 損害を吸収するために、初めに特定の構造要素が壊れることがあるだろう。という意味になります。

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です