初めの3語で決まる!【東大英語を題材に英文の構造を把握する】(2012年度-2)

例文

Anxiety is growing about what appears to be the increasing separateness of some ethnic communities.

 2012年東大英語の要旨要約です。

単語の意味

anxiety=不安(名)
appear to be ~=~のように見える
increasing=ますます増える(形)

構造

 この英文は1文が短く、しかも頭でっかちな文です。
 初めの3語で『構造』が明らかになっています。

Anxiety(=S) + is growing(=V)

がこの英文の『構造』です。
 冒頭のたった3語がこの英文の『構造』なのです。
 直訳すると、”心配が育ってきている”、ということです。
 何についての心配なのか?というのが、次に続く[ about ~ ]に書かれてあります。

about what appears to be the increasing separateness ~

 [increasing]は、”ますます増える”という意味の形容詞です。形容詞である[increasing]の直前に[the]がついています。[the]は定冠詞で名詞の前につく冠ですから[the]の後ろには必ず名詞があるはずです。そういう目でこの英文をみると、[increasing]の後に[separateness]”分離”という名詞があります。ですので、[the (increasing) separateness]でひとつのまとまりをもった言葉となります。
 [the separateness]”その分離”という単語を[increasing]が修飾しているということです。”ますます増えるその分離”という意味です。
 ”ますます分離しているようにみえること”となります。

 なお、[what]は、先行詞を必要としない、というか、先行詞を含む関係代名詞です。
 直訳的に理解すると、
 [Anxiety is growing]”心配が育ってきている
 [about what ~]”何についてかというと~のこと”
 ということになります。

全体の仕組み

Anxiety is growing about ~

 この英文はたったこれだけです。
 ”~について心配が育って(大きくなって)きている。”

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です