省略されている語句を見抜く力!【東大英語を題材に英文の構造を把握する】(4)

例文

[He now says a key property of the material that helps make webs strong is the way it can soften at first when pulled and then stiffen again as the force increases.]

 引き続き2013年東大英語の入試問題です。

単語の意味

property=性質
soften=柔らかくなる
stiffen=硬化する
[property]は財産、所有権という意味の他に、”性質”という意味があります。多義的な単語なので要注意です。

[He now says]

 ”彼は、現在言っている”という意味です。
 何と言っているのでしょうか?
 この後に、彼が言った内容が続くわけですが、実は、[says]の後に[that]が省略されています。
 [a key property ~]という節を示す[that]、いわゆる[that 節]が省略されています。
 [He now says that]=”彼は、現在言っている、それは何かというと~”ということになります。

構造

 この英文の『構造』は、

[He](=S) [says](=V)[that 節]

ということになります。
 [a key property ~]の部分は、[that 節]内部の文です。

[a key property of the material that helps make webs strong]

 [a key property of the material]=”素材の重要な性質”
 [helps make webs strong]=”助ける、巣を強くするのを”が直訳です。
 [helps]という動詞と[make]という動詞がひっついていることに注意です。[help]の後に来る動詞には通例[to]はつけないのですが、イギリス英語では[to]をつけることがあります。
 辞書にも、
 [help (to) do]
 として、[to]が( )内に入っており、省略可能とされています(田中茂範・武田修一・川出才紀編『Eゲイト英和辞典[携帯版]』<Benesse、2006年>771ページ)。
 個人的には、[help]と[make]がくっつくことに違和感があり、[help to make]とする方がしっくりきますが、文法的には、[to]を省略しても問題はありません。
 ”巣を強くするのを助ける”という意味です。

material [that] helps make webs strong

 ここでもまた[that]が出ています。この[that]は関係代名詞(制限用法です。その言葉自体を覚える必要はありませんが・・・)です。
 [~ material that helps make webs strong]=”巣を強くするのを助ける素材”という意味です。

[a key property of the material that helps make webs strong]=”巣を強くするのを助ける素材の重要な性質”

という意味になります。
 この文の次に、動詞の[is]がありますから、[is]より前がこの[that 節]の「主部」となります。

構造』+ [that節]内部の図示

 この文の『構造』と[that 節]を合わせて図解すると、次のようになります。

He(=S)says(=V)that節《a key property(=s) is(=v) ~》

となります。
 [a key property(=s) ~ is(=v) ~]の部分は、[that 節]内部の(s)と(v)ということになります。

[is the way]

 a key property ~ is the way=”~する素材の重要な性質は、その方法(やり方)だ”という意味です。
 どういう方法(やり方)なのでしょうか?その説明が[the way]の後に続いています。
 実はここでも、[that]が省略されています。[the way]の後に[it can soften ~]と節が続いているからです。いわゆる[that 節]です。
 [the way (that) it can soften at first when pulled and then stiffen again as the force increases.]という文になります。
 その方法(=[the way])が何かというと、それは(=that)として、[that]以下にその説明があるのです。

[it can soften at first when pulled]

[it can soften at first when pulled]=”素材が引っ張られるとき初め柔らかくなることができる”

という意味です。
 [when pulled]も要注意です。この文には省略された語があります。読み手が省略された語を補いつつ読む必要があります。
 省略されているのは、[it] と [is]です。つまり、

[when it is pulled]

という文が正確な文です。

[and then stiffen again as the force increases.]

 ”そして、それから硬化する、再び、力が増大するにつれて”という意味になります(直訳)。
 ”そして、それから、力が増大するにつれて再び硬化する”という意味です。

構造』と全体の仕組み

He(=S) + says(=V) + that節( a key property ~ strong(=s) is(=v) the way(+that節))

というのが、この文の『構造』と全体の仕組みでした。

和訳

 参考までに和訳を載せておきます。

彼は、現在、巣を強くするのを助ける素材の重要な性質は、その素材が引っ張られたとき、初めに柔らかくなることができ、そしてそれから力が増大するにつれて再び硬化することができる、というやり方にある、ということを言っている。

 直訳調ですが、「直読直解」には必要な過程だと思います。

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です