否定形の[not]を使わずに否定的な表現をする。【東大英語を題材に英文の構造を把握する】(7)

例文

They found that materials with simpler responses perform much less effectively.

引き続き、2013年東大英語の検討です。

単語の意味

perform=演じる。機能する。(自動)
much less=ずっと少なく
effectively=効果的に(副)

『構造』

They(=S) + found(=V)

となります。
 この『構造』に、[that節]がくっついています。
 ”彼らは発見した、それはね・・・”
ということです。

materials with simpler responses perform much less effectively.

 [materials with simpler responses]の後に動詞の[perform](=v)が来ているので、[that節]内部の主部は、[materials with simpler responses](=s)です。
 [that節]内部の『構造』は、

materials(=s) + perform(=v)

となります。
 [that節]内部の意味は、直訳的に訳すると、

より単純な反応を持つ素材はずっと少なく効果的に機能する。

という意味になります。
自然な日本語にすると、

より単純な反応しかしない素材は(あまり)効果的に機能しない。

 否定形の[not]を使用せずに否定的な表現をしていることに要注意です。
 効果はあるんだけど、ずっと少ないんだ、というニュアンスです。

全体の仕組み

They(=S)found(=V)that節 (materials + perform)

となります。

和訳

彼らは、より単純な反応しかしない素材は(あまり)効果的に機能しない、ということを発見した。

ご質問がございましたら、お問い合わせをご利用下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
日頃からのご支援、誠にありがとうございます。
少しでも多くの英語学習者(受験生や社会人)様に読んでいただきたく、下記2つのブログに参加しております。
何か感じるものがございましたら、クリックをお願いいたします。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へお手数をお掛けしまして申し訳ありません。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です